2012年7月24日火曜日

【覚書き】原発とその周辺について今考えてること

【個人の意見です】

私は福井県出身だ。だから言うわけではないが、現時点では原発存続やむなしという判断をしている
代替となるエネルギーはどれもこれも、現状では技術的にも政治的にも心もとない。それに電気の安定供給はやはり現代の日本には必要不可欠であると思うからだ。経済活動のみならず、電気ははっきりと人の命を左右すると考えているからだ。

福島の原発について。大勢の人たちが避難生活を余儀なくされ、慣れ親しんだ土地での生活を奪われたことは本当に悲劇であると思う。決して繰り返してはならないことだとも思う。しかし直接高い放射線を浴びて障害が出たり死んでしまったりした人は今のところいない。低線量の被曝がどの程度人に影響を与えるものなのか、今後長く観察はしていくべきだが、震災以来の識者の調査や科学的治験に鑑み、個人的にはほとんど影響はないのでは、と考えている。除染と定期的な住民の健康調査(現在福島に在住している人・外に避難した人両方)は必ず行わねばならないだろう。補償の問題も、この際だからきめ細かく法に定め、柔軟にあたるべきだ。

東電について。世間的にかなり厳しく見られているが、まあそこは仕方ないと思う。だが、解体は絶対反対。電力という国家の根幹となるインフラを分割して経営するなどもってのほかだと思う。電力に関してもっとも多く知識とノウハウと設備を持っているのは東電である。そこは生かす形で、非常時の振る舞いや責任の所在・責任のとり方(補償など)を国手動で法整備していったらいいと思う。もちろん国民に対しては常にオープンな姿勢を求める。

もろもろ、思っていること。

計画停電ね、いちどいろんな場所でやってみるといいよ。訓練という意味合いで。電気のありがたみがわかるから。家の中だけじゃないからね。一番わかりやすいのは信号。信号がない道って怖いよ、夜なんか特に。死亡事故もあった。長く続くと確実に治安も悪くなると思う。

例えば原発やめたとする。今まで通りにいけばいいけど、そうは問屋がおろさない。計画停電どころか、お金のない人は電気を使えない時代が来るとしたら、悲劇はおそらくあちこちで、地味に起きていく。補償はされない。やりようがない。電気を買えないのは個人の責任だから。電気がないから死んだ、という因果関係を説明するのが難しいから。そもそも国のせいにも電力会社のせいにもできない。そういう選択を国民がしたから。という話になるのではと私は思う。

節電すれば、我慢すれば何とかなると言う人は現実が見えていないと思う。

原発を一切なくすことがなぜ子供を守ることになるのか、私にはどうしてもわからない。そうじゃなくて、放射性物質、特に廃棄物の処理の仕方を死ぬ気で研究して、何とか安全に廃棄するなりリサイクルするなり出来るようにすることが大人の責任だと思う。だってもう現にたくさんあるんだもの。どうにかせんとあかんでしょ。
どのみち人類が放射能と縁を切ることは出来ないのだ。地球も宇宙も放射線だらけ。よくその特性や扱いを学んでつきあっていくしかないんじゃないのと思う。闇雲に忌避したって何もいいことない。すくなくとも、放射能除去をうたった怪しげな商品やなんかに騙されないよう、最低限は勉強すべきだ。
今なくすか否かを決めることはないと思う。性急すぎ。それより何より、どういうリスクがあってどういう対策をとればいいか、よくよく考えることが今するべきことなんじゃないの。過剰な感情論は不要、つか害悪でさえある。冷静で理性的な議論望む。

2012年7月20日金曜日

空蝉(一)

「でさ、侍従ちゃん」

「なあに?右近ちゃん」

「この彼女……伊予介の奥さんね、こっから『空蝉さん』て呼ぶから」

「うつせみ・・・・って、蝉の抜け殻のことだよね。なんで?」

「理由を言っちゃうとネタバレしちゃうから、内緒♪」
初めての敗北、屈辱にまみれ眠れない夜を過したヒカルに明日はあるか?!次の一手は?乞うご期待!
「だから、アオリはもういいって侍従ちゃん(笑)」

「や、つい(笑)」

「さて、プライドズッタズタのヒカル王子、

こんなの初めて。世の中のキビシサを思い知ったよ、うう。恥ずかしくてもう死んでしまいたい』

とめそめそ泣きながらも、次への布石は忘れない」

「何それ、どゆこと」

「あの少年よ、少年」

「・・・え?まだいたの?」

「そうよー。空蝉さんの代わりだもの」

「ふーん・・・・って!えええ!代わりってソレは何の代わりっ」

「やあねえ侍従ちゃんたら、こういうことはスルーなさいっていつも言ってるのに。珍しい話じゃないでしょ今も昔も。とにかく彼をおさえとかないことには、次もないしね」

「お、王子ったら(絶句)見境ないわね…ていうか手段を選ばないってか」

「おかげで少年、すっかり舞い上がる。とっとと帰っちゃったヒカル王子を
『本来ならお歌でもかわして、後朝の別れってやつなのに』
なんてちょっと恨んだりなんかして」

「罪深いやつよのう…で、空蝉さんは?あーせいせいしたわって感じ?」

「いや、こっちはこっちで複雑なのよー。

ちょっとやり過ぎちゃったかしら・・・あれきりお手紙も来ないし。きっともうコリゴリだと思ってらっしゃるのね。
でもでも!もしつきあったとしても…私みたいな身分も低いパッとしない女とそんなに長続きするとは思えない。最初はよくても、だんだん関係が冷えてって、ついには自然消滅ってパターンよね絶対。 こんなに強引で傲慢、上から目線なやり口が続くのもなーんか微妙だし。
やっぱり、最初から何もなかったことにするのが一番無難なの!そうなのよ!そうに決まった!』
なーんて思いつつ、心は乱れて物思いにふける日々なわけよ」

「うーん、羨ましいような、気の毒なような」

「王子の方も、超ムカツクーと思いながらも気になって仕方ない。迂闊に誰にも言えないから余計。話せるのはただ一人あの少年だけ。

『もうほんとにつらいやら情けないやらで、忘れようにも忘れられないよー。またチャンスがあったら、今度こそ会えるようにしてよ!ねっ頼むよ!』」

「で、がんばるわけね、少年(笑)」

「そ。チャンスはまた巡ってくる、それも完全無欠なチャンスが!」

「わくわく!それは?!」

「息子の紀伊守が、仕事でいったん地元に戻ることに」

「とすると家には、男あるじは居ない状態」

「夕闇に紛れて、屋敷に向かう牛車。早く早く、門に鎖がかかる前に。だがあくまで目立たず地味にひっそりと」

「ふんふん。やるね少年」

「番人たちも、相手が子どもだからあっさりスルー。まんまと、ヒカル王子を中に入れることに成功」

「よっしゃあバッチコーイ!」

「って侍従ちゃん、どっちの味方なのよ(笑)

とりあえず王子を東の妻戸の前に立たせておいて、自分は南側の部屋の格子を叩いて声をかけた。ま、ちょっと大げさにやったわけね。隠れてるヒカルに注意を向けないため。

『そんなに叩かなくても丸見えよー』

とメイドさんたちの声。

『この暑いのに、なんで格子なんか下ろしてるの?』

『昼から、西のお嬢さんがいらしてて、碁を打って遊んでるから、一応見えないようにしてるのよ』

おお、なんとラッキー。これは是非拝見せねば、と色めき立つヒカル王子、簾の間からすっと中に入る」

「西のお嬢さんって、伊予介の娘でしょ。たしか軒端の荻ちゃんって言うんだっけ、イマドキな感じで可愛いコよね」

「そ。王子はそうっと隅っこに寄って覗き込むんだけど、なにしろ暑いもんだから屏風も衝立(几帳)も置き方がいい加減で、ほとんどゼーンブ見通せたわけ」

「ほうほう、つまりスキだらけだったと

「まあ、『中の品』、つまりはフツーのお家だもんね。王子の正妻さんのお屋敷みたいに、奥の奥まで格式ばってるワケないわよ。

とにかく目当ての人はすぐ察しがついた。二人のすぐ近くに灯りが置いてあったしね。空蝉さんは濃い紫の綾の単がさねっていうの?その上にもう一枚長めの上着着てた」

「なんか…地味?つかオバサンくさくね?真夏なのに」

「いやいや、それが『お品がある』っていうのよ。ダンナも紀伊守もいないし、お客が来てるわけでもない、普通なら気抜いてもおかしくないシチュエーションなのに、顔や手があらわにならないようさりげなく気をつかう平安女性のたしなみっつうかね」

「へー。継娘ちゃん相手にねえ。アタシなんか実家じゃ、羽伸ばしーのぐーたら放題だけどなあ」

「ドコで誰が見てるかわかんないんだから、オンナは常に気を抜いちゃダメってことなのよ、侍従ちゃん♪ 現に軒端の荻ちゃんは油断しすぎて、超くだけた格好だったわけ。まさか覗かれてるなんて思ってないんだから無理ないけどさ」

「えぇ?どどど、どんな」

「白い羅紗の単がさねに、水色の短い上着みたいなやつを適当にはおってるだけ。胸もガバっとあいてて腰紐の結んでるとこから下の袴も丸見え状態」

「ヒエー!白の羅紗って、それシースルーじゃん!しかもヘソ出し同然!エロすぎー!」

「侍従ちゃん、喜びすぎ。まあヒカル王子も男だからね、おぉお♪ こっちのほうが若くて可愛いじゃん!いいじゃん!とワクテカしたものの、なぜか大して美人でもなく華やかでもない年増の空蝉さんの方に目がいってしまう」

「へー、なんでー?男はやっぱり若い方がいいんちゃうん?」

「なんで急に関西弁に(笑)侍従ちゃん、なんか身に覚えでも?ま、いいや。やっぱりさ、あけっぴろげで素直なのも若さゆえのご愛嬌ってもんだけど、度が過ぎると単なるガサツよね。空蝉さんはすべてにおいて控えめで女らしくて、またそれが人前だから繕ってるのではなく、本当に素がソレなんだから貴重ってことに王子も気がついたわけ。

ほら例の、『こんな下賎な場所にこんなイイ女が!』ってパターンよ」

「ふむふむ。一見地味で目立たない感じだけど、他の女にはない、一本筋の通った空蝉さんだからこそ、王子のハートを鷲掴みして離さなかったわけね」

「そゆこと。さて、夜も更けてまいりました」

「あちこちで戸や格子を閉める音♪」

「何食わぬ顔で、メイドさんたちに指示出しする少年。もちろん姉さんがどこに寝るのかチェックは忘れない♪」

「物陰で待機中のヒカル王子はもう待ち遠しさMAX。少年に

『ねーねーマダー?今日もまたダメ、ってゆわれたら僕しんじゃうかも』

なんて文句をたれる」

「ワガママねー。で少年は」

「”今は人が居ますから、お待ち下さい。必ずなんとかいたします”」

「少年のほうが冷静じゃん(笑)」

「そ・の・う・え、王子がナニ聞いたと思う?

『そういえばさ、紀伊守の妹もここにいるって言うじゃない?ちょっと覗かしてよ』」

「サイテー(笑)さっきシッカリ見たくせに」

「少年

『ムリです。仕切りや衝立もきっちり置いてありますから』

とバッサリ」

「あたりまえじゃん(呆)…どんだけ図々しいのヒカル」

「さてみんなしかるべき場所に落ち着いたあと、少年が入り口近くに寝るといって最後に入る、ここ風通しがいいからねーなんていいつつ」

「でも本当は通るのは風ばかりではなく♪」

「冴えてるわねー侍従ちゃん♪

しんと静まり返った屋敷内に、あるかなきかの風のごと、かすかに響く衣擦れの音

まだ、誰も気づかない

物思いがちで眠れない、空蝉さえもまだ

「夜は長いわねー♪右近ちゃん」

「長いのよー♪侍従ちゃん」


<空蝉その2につづく>

参考HP「源氏物語の世界

2012年7月18日水曜日

山の寺

お父さんは?

幼稚園の友達にバイバイをした小さな手が、私の薬指と小指をぎゅっと掴む。私は前を向いたままつぶやくように答える。

まだよ。今日も、まだ。

娘の大きな目が一瞬さらに見開かれ、すぐに閉じた。道端に植えられたタチアオイの列に一羽のアゲハがまとわりついている。昼下がりの空は曇っていて、遠く雷鳴が聞こえる。ああ、急いで帰らなくては。今日はなぜ自転車で来なかったのだろう。

雨が降りそうだから、タクシーで行こうか。

娘の返事を待たず、近くに来たタクシーに手を挙げる。町はますます暗くなる。
白いカバーに包まれたタクシーの座席で、行き先を告げる。
運転手の顔はよく見えない。それほど年上にも見えないが、さして若くもなさそうだ。
駅を過ぎた。そろそろ家のある道に通じる交差点にさしかかるはず。
信号待ちで停まったタクシーの窓から、見慣れないものが目に留まった。

浅くぼけたような色の街並みの中に突然現れた、黒く大きな木造りの門。開かれた扉の向こうに白砂が広がる。眩しいほどに真っ白だ。奥にこれも古めかしい大きな建物が見える。参拝客らしき姿も多い。

こんな立派なお寺、前からあったかしら?全然気づかなかった。
ずっと昔、学生の頃住んでいたアパートの近所にあった、あのお寺に似ている。
今度、お父さんと来よう。

娘は黙って座っている。
タクシーは吸い込まれるように門を入る。

ちょっと。何で?…家にすぐ帰らなきゃいけないのに。

そう言おうとして口を噤んだ。何言ってるの?さっき私が自分で言ったじゃない、寄って下さいって。

運転手は建物の裏手にある大きな木の根元に車を停めると、外に出た私たちに顔を向け、ここで待ってますからねごゆっくりと言った。満面の笑顔だ。意外に若い、と思ったのも束の間、すぐに疲れた様子で座席をリクライニングさせ目を瞑ってしまった。

寺の裏手から表に出ると、門の外の風景が変わっていた。さっきまでの街並みは消え、一面、白い雪に覆われた田んぼが広がっていた。雪さえちらついている。

お母さん、雪。

娘が嬉しそうに指差し、あそこに行きたいなあと言う。

だめよ、このお寺をひと通り回ってしまわなきゃ。
でなきゃお父さんを案内できないでしょ。

そっかあ。

娘は素直に従って、踵をかえした。
それにしても変わった建物だ。出入口が見当たらない。いったい何処から入るのかしら。
行き交う人々にたずねようにも、みなひっきりなしに喋りつづけており、こちらに気がついてもいないようだ。
同じ日本語を話しているのに、意味がさっぱりわからない。

建物に入れないので、石畳の通路をウロウロ歩き回っているうちに、広い場所に出た。緑の草地の周りを木のクイで囲ってある。牧場のようだが、中には牛も馬も、何もいない。ふと顔を上げると、遠くに山並みが見える。普段、家からこのような風景はみたことがない。

いつのまにこんな山奥に来たのだろう?
駅からそれほど離れた場所ではなかったはず。あとすこしで家に帰る道、だったはず。

ここは何処なの?

誰かが答える声がした。◯◯県◯◯郡…

そんな馬鹿な。そんな遠いところに、いつのまに来たの?

娘の姿がない。

慌てて辺りを見回した。が、知らない顔ばかりだ。
娘の名を呼ぼうとして愕然とした。思い出せない。

走り出した。周りの景色はめまぐるしく変わっていく。周りは山、山、また山。合間を深く切り込んだ谷。水脈も見える。

娘の名前が思い出せない。なんてこと、自分の子の名前を忘れるなんて。
早く思い出して、家に帰らなくては。
薬指と小指を掴む、柔らかな感触だけが残っている。

早くおうちに帰りたい。早く、一刻も早く。

山は深く、家は遠い。一日では到底辿りつけないほどに、遠くに来てしまった。

焦るほどに足は進まない。柔らかく土にのめりこむ。アゲハがひらひらと目の前を舞った。
は や く