2010年11月22日月曜日

11月に読んだ本 その一

忙しい日々がもうすぐ終わる。てなわけで篠田節子さん二連発♪


「ロズウェルなんか知らない」


あああ、これ面白かった。まずタイトルがイケてる。まったく物語の中に出てこないけど、ロズウェルというのが何で有名なのか知っている人間はニヤリとしてしまう。
登場人物は非常に多いのだが、ひとりひとりのキャラが立っていてわかりやすく楽しい。誰ひとり、善悪に偏り過ぎていないところもまたいい。

この丁寧で生真面目な文体でこのユーモア感覚。ますます惚れ込んでしまった。
私は作家で読むことが多いので、これでまた読む予定の本が増えることが嬉しい。



というわけでデビュー作いってみましたよ。


「絹の変容」 

第3回小説すばる新人賞受賞作。

うーんこれがデビュー作なんて・・・と唸る凄さ。

同じパンデミックものの「災厄の夏」に比べると当然食い足りない部分もあるのだが、むしろこちらの方が緊迫感があるように感じるのは何故だろうか。
選ばれる人間が持つ新人作家の輝き、というものが絹の輝きにだぶるからだろうか。

そしてまたタイトルがうまい。
物事の本質を的確にとらえる能力が高いのだろうなあ。


「女神記」桐野夏生


桐野版古事記、といった趣。子どもを産むこと、その能力を有すること自体が女性を縛る呪いのようなものととらえているのが面白い。
男はそういうものには縛られてはいないけれど、呪いの中にすっぽりはまってしまっているので、打ち破る力もない。呪いの存在に気づいてもいないのだから当たり前だが、見事になーんにも役に立たない(笑)。
呪いをかけるのもかけられるのも、それを解き放つのも女。結局世界は女によって回っている、これは桐野さんワールドのお約束であろう。

桐野版・伊邪那美さまはちょっと素敵♪

2010年11月4日木曜日

10月に読んだ本 その二

あああもう11月になってしまった。
忘れないうちに。

「イトウの恋」中島京子

中島さんの本を読むのはこれで三冊目。彼女の書く話に共通しているのは、身近にある謎を、ほんのすこしずつ解いていくうちに、いつのまにか思ってもみなかった大きな物語の流れの中にいる・・・という仕掛け。
大きな物語といっても、この世に存在する無数の物語のうちのたった一つに過ぎないのだけど、それを丹念に拾い上げ、磨き、積み上げていく、その過程に並々ならぬ愛を感じる。
ものを書くことが好きでたまらない、と何かの記事の中で言っていた中島さん。
遠い異国から来た美しく賢い女性に抱くイトウの恋心は、そのまま中島さんの物語への恋、といってもいいかもしれない。

そして確信。中島さんは絶対職人好き、いや職人萌え、だと思う。



「新参者」東野圭吾

中学生の娘が学校の図書室から借りてきたのを奪って読んだ。
人形町はちょっと前に行ったので、何となくイメージがわかって楽しかった。
ただ主人公の刑事、どうしても阿部ちゃんを思い浮かべてしまい困った(いや別に困らなくてもいいのだが)。ドラマ化されたものを観ていたわけではない。予告編みたいなのをチラ見したにすぎないのだが、阿部ちゃんの印象恐るべし。つうか、ハマってたんだろう多分。

基本は人情物。中島さんが、割と情緒的なことをドライに書いているのに比べ、こちらは起こったことをドライに連ねているようで、その実かなりウェット。重松さんの「流星ワゴン」にも通じるロマンティシズム。男女の違いかな?

2010年11月1日月曜日

便乗企画♪ きまぐれロボット

「あなた、これはどういうことかしら?」
 妻は眉を片方上げながら私の顔を睨みつけた。その拍子に、使っていたシャープペンシルの芯がぽきっと折れた。急いでノックしたが、芯は出てこない。
「どういうことって、そこに書いてあるとおり」
「書いてあるとおりのことなんか聞いてませんよ。これは本当に必要で、本当に無駄がない仕事なの?!」
 だから今説明しようとしてるのに。私はうんざりしながら、芯のなくなったシャーペンを持ったまま、机の上にばらまかれたA4のコピー用紙をまとめて妻に差し出した。顧客とやりとりしたメールをプリントアウトしたものだ。
「それはもう見たわよ。結局は相手の我儘ということよね?」
「いやそれは違」
「あなたまさかお客様は神様だとか、本気で思ってるわけじゃないでしょうね?あのね、利潤を追求するということは・・・」

 また始まった。
 こうなると小一時間は終わらない。私は神妙な顔で頷くふりをして、シャーペンをカチカチいわせながら、もう一度顧客からの最後のメールを読み返した。

---貴殿の製品に不具合はなく、むしろ忠実に当方の依頼に応えていただいたと考えております。しかしながら想定外の事象が発生し、これ以上当方にてこの製品を所持し使用し続けることは不可能という判断に至りました。大変恐縮ではございますが、通販ロボットクーリングオフの規定に従い、契約を解除させていただきます。---

 何がいけなかったのだろう、あのロボットは完ぺきなデキだった。日常のストレスから離れ、無人島で気楽に暮らす金持ちのためのお手伝いロボット。

「あなた、聞いてるの?! 大体あなたはね、真剣味が足りないのよ。この家の経済状況をより良くしていく、夫婦なら共通の目的であるはずでしょ?」
「そうだけど……向こうの希望に忠実に作ったのに、それが気に入らなかった、て言うんだからもう仕方ないじゃないか」
「仕方ない? は! あなたはいつもそうよね」
 妻のこめかみが青白くなる。怒りが頂点に近くなるとこうなるのだ。初めの頃はその色の美しさにうっとりしていたものだったが、この頃はもう見るのも嫌だ。 
「悪いけどあなたのこの仕事からは、その目的を真剣に達成しようという気持ちはうかがえないわ」
 それは違う、と私は思わず人差し指を妻に向けて抗議しようとした。妻は目をむいた。

「あなた、人を指さすなんて失礼よ!」

 今まで見たことのないほど傲慢な顔だった。美しかったはずの妻はいまや鬼か修羅だ。

 ふざけるな。お前はいつも俺を指差して糾弾し続けているじゃないか。
 
 私の中で何かがぷちんとはじけた。

「お金はね……あ、何をするの…・ヴ・・・」

 ヴーーーーーーーーーーとブザーが鳴り、妻の上半身はだらりと前に傾いた。横から見るとちょうど綺麗なUの字を描いている。計算通りだ。私はリモコンのリセットボタンを押すのに使ったシャーペンを机の上に置き、彼女の背中にある主電源スイッチを押してブザーを止めた。
 静まり返った部屋の中で、私は大きな溜息をついた。

 見たことのないほど傲慢、だって? そうじゃない。今までだってずっと同じ顔をしていた。この……美しく賢いしっかり者の妻……ロボットは。何もかわっちゃいない。変わったのは、私の気持ちだ。あの顧客と同じ、完ぺきに望みをかなえたはずなのに満足できない。永久機関を作るのが不可能なように、永久に変わらない気持ちというものはないのだろう。

 私は妻の形をしたロボットの背中からメモリを引きぬき、パソコンのスロットに挿した。

 今度はどういう女にしようか。前の前の妻は、ひたすら大人しく従順な性格をインストールした。数日で飽きた。だから今度は、テレビで国の役人相手にものおじせずハキハキと弁を振るっていた美人の国会議員をモデルにした。こういう女に怒られるのもいいかもしれないと思ったからだ。だが、こいつは人の仕事にさしたる根拠もなくケチをつけ、ただ責めたり貶めたりして自分を優位に立たせたいだけの、他人の話を聞かない・理解しようともしない(できない)、愚かで性悪な女にすぎなかった。

 静かな部屋にカタカタとキーボードの音が響く。次はどんな女にしようか。大人しすぎるのも怖すぎるのも嫌になったから、お笑い芸人のような女にしようか。一日で飽きるかもしれないが……まあ、また組み直せばいいんだし。まったく、人間とは気まぐれなものだ。

 私は溜息をつきながら、PC画面に向かった。プログラミングに熱中しているうち、目が乾いてきた。引き出しから目薬を出し、目に……おっと、こぼしてしまった。キーボードの端に小さなシミが出来る。私は舌打ちをして、洗剤つきの濡れティッシュでふく。これでしか取れないからだ。ロボット用特製機械油はすみやかに目に行き渡り、不快感は解消された。

 まったく、こんな小さなミスや感覚までシステムに組み込まなければならないとは、人間とは面倒なものだ。

<了>

*この物語は、トゥーサ・ヴァッキーノ氏のブログ「星新一をぶっとばせ!」に便乗して書いてみたショートショートの真似事です。


★もしよろしければ★
にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村