2010年5月30日日曜日

五月に観た映画

小学校の運動会がやっと終わってホっとしたので久々更新。
ブルーレイに延々蓄積されていく映画たちからまたひとつ。

「ダーティーハリー3」(1976年アメリカ)

昔、テレビの洋画劇場が好きでよく観ていた。ダーティーハリーシリーズも多分、結構観ているはずだが、この年になってからノーカット字幕つきで観るとかなり印象が違う。
ストーリーだけ読むとおそらく典型的なハリウッド映画の古典、といえるがその実,
超・骨太な社会派映画。
登場人物は犯罪者にしろ警察関係者にしろ、ハリー以外の人間の方がよっぽど悪人。どっちがダーティーやねん。ハリーはむしろ真正面からダーティーなものに向かい合う、正義感の強い現実主義者。あ、そうかタイトルはそういう意味ね。と今になって理解。

良い映画は時代を的確に捉え、さらに予言する。
苦いラストシーンはそのまま、現代のアメリカ(日本も)が抱える問題にまっすぐ通じている。



【ツイッターアカウントをお持ちの皆様へ】
つぶやくことで無料で1円を募金できます。「宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金」にご協力ください。【ケータイ可】 http://www.dff.jp/ct/twit/dnt/

2 件のコメント:

  1. ああ、夕陽のガンマンだあ!
    というわけで、幾度もいろんな刑事ドラマで
    その内容がパクられ続ける
    永遠の刑事ダーティ・ハリーですね!
    ボクも、子供のころ、土曜日か日曜の2時くらいからやる
    映画番組で何度となく観させていただきました。
    山田康雄ですよね、やっぱ。
    この前、DVDボックスが出て、それにはちゃんと吹き替え版が入ってるっていうので、購入しようかどうか
    迷い続けてモンモンとしています。
    ブックオフとかで、中古出てないかなあ。

    返信削除
  2. をを、ヴァッキーさんいらっさい♪
    忙しくてしばらくブログみてなかった(汗
    レス遅くなってごめんなさい。

    そうそうダーティーハリー、なんかハマるわー。
    今観ると本当に丁寧に作ってあるなあと感動する
    DVDボックス、買っちゃえ買っちゃえ♪と煽る

    返信削除