2011年6月2日木曜日

何を信じるか?

現総理の不信任案が否決された。
結果はわかりきっていたけど、この決議の前にあった民主党の代議士会で、

震災や原発問題に一定のめどがついたら、若い人に後を継いでもらう

と発言した菅総理。

一定のめど

なんだそれ。

例えば震災であれば、全員が避難所暮らしから解放されるとか?

福島の原発がすべて安定した状態になり、作業者および福島の人たちの生活保障が全戸になされ、子どもたちの定期的な健康観察や学校の除染などの運用体制が確立するとか?

いつ出来るのそれ。今までの実績からすると、私たち一般人の思っている「一定のめど」とこの人の思っている「一定のめど」は全然別物のように思えるんだが。

この人の一番ダメなところは、誠意をまったく感じられないところ。
言葉だけ頑張るだの何だのって言ったって、行動が全然伴ってない。具体的に、いつまでに何をするって言ってみなさいな。自分の目で見た被災地の姿を、人に伝わる言葉にして発信してみなさいな。何度も視察にいったのだろうに、まだ一度もそういう「肉声」を聞いた記憶はない。

今朝のワイドショーで、不信任案にたいする被災地の人々の声、というのを取り上げていた。
今政局を云々やってるときじゃない、とか、誰がやっても一緒、とかいう声の中で、優しそうな品のいいおばあちゃまが
「菅さんじゃだめね。動きが遅い。全然物事が進まない」
ときっぱりおっしゃっていた。
だがアナウンサーは最後に
「やはり被災地の方々は、こんなときに不信任案なんて、と思ってらっしゃるようですね」
とまとめてしまっていた。

否決が決まった夕方のニュースでは、スタジオのアナウンサーの
「被災地の方々は、菅さんでは駄目だ、動きが遅い、とかそういう意見はありますかね?」
という質問に、現地記者がカメラ目線のまま
「まったくありません!」
と言い放っていた。
なんでそこまで断言できるのか、不思議だ。わざわざこういう質問してこういう答えをする、という台本が決まっていたみたいだ。朝、あのおばあちゃんが言っていたことは完全無視?あれ、違うテレビ局だっけ?それにしてもたくさんある避難所のなかで、たったひとつの場所で聞いただけなんでしょ?なんでまったくない!と言い切れるの?

マスコミはいったい何を守ろうとしているのですか?

夜の会見では満面の笑みの総理、まだ当分辞めるつもりはないらしい。

日本はいったいどうなってしまったのか。
これからどうなるのか。
今の政府の有様は、世界を驚かせ、尊敬を集めた雄々しき日本の姿とは遠くかけ離れている。

0 件のコメント:

コメントを投稿