2010年3月23日火曜日

三月に読んだ本

「スカーペッタ」上下巻 パトリシア・コーンウェル

おお、もう16作目になるんですなあ。思えば結婚前から買い始めたこの「検屍官」シリーズ。今巻末見たら1990年だと。思えば長いおつきあいです。てかほぼ一年に一冊ずつ出してるのか? 作者もすごいが訳者もすごいぞ。と思ったら今回は違う訳者さんだった。あら、同級生ですわ、しかも大学も同じ。同窓生のよしみで持ち上げるわけではないが、読みやすい文でしたよ♪

「ここから読んでも楽しめる」と帯にはありますが、どうかな?? 登場人物のキャラがあまりに立ちすぎているので、初見の人にはわけわかめ、じゃなかろうか。というか、キャラがわかってたら数十倍面白くなるので、初めての人は最初から読むことをオススメする(まわし者ではない、本当に全部読んでも後悔なし)。

個人的にはマリーノが好き。私の脳内にははっきり彼のイメージがある。主人公ケイの夫・ベントンよりかなりいい奴だと思う。マリーノはブオトコでちょっと下品な無骨者なんだけど、純粋で嘘がない。だから刑事として超一流なのにも関わらず、情に流されやすくそれで失敗することも多々ある。そこがいいのだ。
なんにせよこのシリーズに出てくる女性は軒並み超絶カッコイイので、どんな男でもかすんでしまうんである。

このシリーズが魅力的な理由のひとつは、各登場人物たちが必ず何らかの「欠落」を抱えているところだろう。人間として女として完全無欠に見えるケイも、ごく近しい人物や読者に向けてだけ、足りない部分をあらわにする。何だか恋人のような、友達のような気がしてくるのである。これはいつもうまいな、と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿