2016年9月27日火曜日

九月に読んだ本

烏に単は似合わない」
「烏は主を選ばない」
「黄金の烏」
阿部智里

本はネットで便利に買える昨今だが、本屋に行くのもやめられない。新しい紙と印刷の匂いと、平積みになった本の表紙を見て回るのはいくつになってもワクワクする。それぞれに人の目を引くよう工夫をこらし、我こそはと主張する本ばかりの中で、何故か妙に目につく本というのがたまにある。一度きりではない。何となく気になる、くらいの本ならたくさんあるが、二度三度と同じ作者の本が自然に目に入ってくるようであれば、それは自分にとって間違いなく外れなしの本である。
と、いう法則が今回発動。なんと中学生の子供が借りてきた。ああっと思わず声が出てしまった。親子の絆ってすごいもんだ(笑)単に好みが似通ってるのかもしれんけど。
 
いわゆる異世界ものだが、非常にきっちりと構築されていて、すっと入り込むことができる。魔法や術などに頼らない・全体的に人生ハードモードなところは、十二国記を思わせるが、特に一作目(デビュー作・松本清張賞)は平安時代の宮中の、女御たちの寵争いをモチーフにしていて、源氏物語好きの私としてはかなりツボ。女子のいやったらしいじわじわしたイビリの描写もさることながら、何気ないエピソードを装って伏線をはりまくり、最後にぜんぶつながってどんでん返し、という技にはしびれた。こういうの好き。どんどんやってください。文庫にもなってるようなんで、買います。はい。
ただどちらかというとこの作者、男子の方が得意?な気がする。男性キャラは子供からおじさんに至るまで、悪役だろうが良い人だろうが魅力的なのに対し、若宮の奥様はもうひとつ…個人的には薄さん好きなんだが、せっかく最強の二人をペアにしたんだからもっと活躍させてほしいなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿