2009年9月28日月曜日

九月に読んだ本 その5

新型インフルの嵐がやっとおさまった(うちだけ)と思ったら、もうすぐ十月……ああ。
というわけで読書の記録を急ぎます。



「白夜行」東野圭吾

舞台化、ドラマ化されております。

えー、一言でいいまして、私が今まで読んだ東野作品の中で最高傑作です。直木賞を受賞した「容疑者Xの献身」も傑作ですが、それよりも時間軸が長く、物語の層があつい。「胸を打つラスト」という言い方がありますが、まさにその言葉どおり、読後は本当に哀しく胸が詰まる。タイトルもこれ以外のものは考えられないというくらいぴたりと嵌っている。東野さんに小説の神が舞い降りたのだとしか思えない。

続編っぽい作品もあるようですが、これはこのままで置いておきたい感じです。

というか、なんでこれ、何の賞も取ってないの???

0 件のコメント:

コメントを投稿