2009年8月21日金曜日

8月に読んだ本 その1

「悼む人」天童荒太
この方の作品は「永遠の仔」をずっと前に読んだきり
文章がうまく物語も起伏に富んでいてどんどん読み進められる感じだったが
なぜかそれ以外の作品には手が伸びないまま現在に至った
最近、文芸誌に載っていた短編を読んだのをきっかけに
実家にあった本書を二日で読破

何年もかけて書き上げた小説だという
決して「社会派」といわれるようなジャンルの小説ではないのに、
巻末の「参考文献」が多いことに驚いた
「悼む人」が荒太さんの中で熟成していくあいだ
TVや新聞やネット、さまざまな本、のなかから
普通に生活するなかから
見たこと聞いたこと思ったこと感じたことのすべて
シンプルで読みやすい文章のなかに
全部こめられている

「いいたいことを全部書いて、なおかつ読者にもその思いが届くような小説」

常にそんなものを書こうと心がけてはいるが
こういう本物を読むと
自分なんてまだまだまだまだ、と思い知らされる
だけど
逆に希望も見えるきがする
荒太さんのように、目指して歩き続ければ
いつかはこんな高みにたどりつくかもしれないと

地上をはいずる私の
夢だけは
荒野を駆け巡るんである

0 件のコメント:

コメントを投稿